飼育係のasazooブログ! 動物の様子や飼育の話題など安佐動物公園の日々の様子を飼育係がお届けします!

2018/09/15ハナちゃんと敬老の日

クロサイのハナちゃんが死亡して一週間がたちました。

s-P6170643.jpg

たくさんのお花や果物ありがとうございます。

ハナちゃんにはもう会えませんが、ハナちゃんの産んだ10頭の子ども達の家族には会うことができますよ。

日本だけでなく海外にもいます。

アメリカにはハナちゃんの「来孫」までいるんですよ!

って「来孫」って何?と思って調べてみると、「自分から見て5代目のあたる者」だって!

子供 孫 曾孫 玄孫 来孫 ・・・・・

ハナちゃんすごい!

この間お土産にいただいた上野動物園のお菓子のパッケージにもハナちゃんの孫の写真が!

 

s-DSC_09351.jpg

 

敬老の日と言えばハナちゃんでしたが。。。。。

 

安佐動物公園の開園以来元気に過ごしている動物があと1種類います。

それが動物園に入ってすぐにいるフラミンゴ達の中にいるチリフラミンゴの2羽です。

17日の敬老の日のイベントでこの2羽が表彰されますのでぜひご来園くださいね。

 

チリー.JPG

 

9月17日の祝日11時からフラミンゴ池の前で長寿を祝う会を開催します!

動物解説のほかにも賞品の当たるクイズもありますよ!

ぜひ飼育係のお話を聞いてチリフラミンゴと他のフラミンゴの見分け方をしっかり覚えて帰ってもらえるとうれしいです。

 

               by M

 

 

ホームページより

 

当園のクロサイ「ハナ」(雌、推定52歳)が9月8日朝に死亡しているのが確認されました。

 

1 ハナの経歴

ハナは昭和46年(1971年)7月14日、雄のクロとともにケニアから来園しました。野生個体で、推定年齢5歳(クロは推定4歳)のまだ若い個体でした。

2頭の間には昭和52年(1977年)に初めての子どもが生まれ、以来平成7年(1995年)までの間に10頭の子どもをもうけました。ハナの10頭出産という記録は一時多産の世界記録(現在では世界2位)だったほどです。10頭の子どものうちの8頭は国内外の動物園に移動して繁殖し、現在ではハナの来孫(らいそん)が誕生するなど、飼育下クロサイの種の保存に大きな役割を果たしてきました。

クロとハナは平成11年(1999年)、次世代のクロサイたちに展示場を譲り、第2クロサイ舎に引っ越しました。ハナは平成27年(2015年)に当時の長寿世界記録49歳に並び、以降は記録を更新してきました(出生日が不明のため来園した7月14日を誕生記念日と設定)。

 

最新の動物情報をお届け!asazoo公式twitter