飼育係のasazooブログ! 動物の様子や飼育の話題など安佐動物公園の日々の様子を飼育係がお届けします!

2010/10/13オヒキコウモリ

はちゅうるい館1Fの夜行性動物のコーナーにオヒキコウモリを展示しています.
このコウモリは何十年も前から日本で見つかってはいたのですが,
なんと,生息地が見つかったのは1996年になってからなのです.

このオヒキコウモリ,
広島市では1999年に街中の学校校舎から大群が見つかり,
当時は結構な話題となりました.





食虫性のコウモリとしては大きいものの,
体重はたったの35g!!
展示も目立たず,スター性・アイドル性,ともに乏しい動物なのですが,
日本国内はおろか,
世界でもここでしか見ることができない・・かも!
ぜひぜひ,見に来てやってくださいませ.



ちなみに私のハンドルネーム「FreeTail」は,
このオヒキコウモリの英名「Oriental free-tailed bats」からきています.



普通のコウモリの尾は先まで尾膜(腿間膜)の支えになっているのですが,
オヒキコウモリは膜よりさらに先まで尾が突き出しています.
そこで「尾引き・・」
または尻尾が自由に動かせるので,「Free-taild・・・」なのです.

FreeTailでした