menu02_動物紹介

オヒキコウモリ / Oriental free-tailed bat

【分類】
哺乳綱 翼手目  オヒキコウモリ科
【生態】
全身が黒褐色の食虫性コウモリ。耳が大きく、歩くのが得意である。尾が長く引きずるようにして歩く様子が名前の由来。1996年に宮崎県で集団生息地が発見され、国内での生息が確認された。広島市では、1999年に約400頭の集団ねぐらが発見されている。昆虫食で、餌となる昆虫が飛んでいない冬季は冬眠する。
【園内ゾーン】
はちゅうるい館・リクガメ広場(ゾーン5)
マップを見る
【そのほか】