お知らせ・イベント

イベント一覧

  • イベント告知
  • 2018/05/21モリアオガエル観察会を開催(5/27)

    安佐動物公園では、野生のモリアオガエルやその卵塊を観察しながら、職員がその特徴や生態について解説する観察会を開催します。園内の数か所の池では、例年5月から6月にかけて、池の上に張り出した枝先にモリアオガエルの卵塊が産み付けられます。観察会を行う池では、今年は5月2日から産卵が始まり、5月18日時点で8個の卵塊が確認されています。

     

    【日 時】 平成30年5月27日(日)午前11時~、午後1時~、午後2時~(各30分間程度、少雨決行)

    【会 場】 安佐動物公園 モリアオガエル産卵池(西園サル舎横)

    【対 象】 当日の入園者

     

    20180522_モリアオ産卵02.JPG

    産卵は主に雨の日の夜に行われるため、観察会では卵塊と成体の観察が中心となります。

     

    20180522_モリアオ産卵01.jpg

    産卵中のモリアオガエル(2016年5月3日撮影)
     
     
    ※モリアオガエル
    体色が緑色の美しいカエルで、成長すると体長が雄で約5cm、雌で約8cmになります。指先の発達した吸盤で木に登り、普段は林内の樹上で暮らしています。5月から6月の産卵期には水辺に集まり、池などの水面上に張り出した木の枝先に直径約10cmの泡状の卵塊を産み付けます。なお、安芸太田町加計の吉水園に生息する個体群は広島県の天然記念物に指定されています。