動物紹介

オオサンショウウオ / Giant Salamander

【分類】
両生綱 サンショウウオ目  オオサンショウウオ科
【生態】
日本固有種であり、生息域の北限は岐阜県、南限は大分県。四国での生息は不明。繁殖は1頭の一番強いオス(ヌシ)が占有する繁殖巣穴で8月下旬~9月上旬にかけて行なわれ、複数のオスと1頭のメスが参加する。1頭のメスが約500個を産卵し、繁殖巣穴には数千個の卵が産み落とされる。卵は40~50日で孵化して幼生となる。ヌシはこの卵と幼生を翌年の2月頃まで守る。2月以降、数千匹の幼生は旅立っていき(離散)、ヌシは繁殖巣穴を離れて自分の生息巣穴に戻る。離散した幼生のほとんどは他の生物に捕食されるが、1頭でも成体になれば食物連鎖で河川の頂点に立つ。
【asazoo展示ゾーン】
zone5:はちゅう類と夜行性動物
マップを見る
最新の動物情報をお届け!asazoo公式twitter