menu02_動物紹介

ハヤブサ / Peregrine Falcon

【分類】
鳥綱 ハヤブサ目  ハヤブサ科
【生態】
全長は、雄が約38cm、雌が約51cmと雌の方が大きい。目の下の頬に髭状の模様がある。南極とニュージーランドを除く世界中に19亜種が生息しており、日本では4亜種が確認されている。亜種ハヤブサは日本では多くが留鳥で、海岸や山地の崖の岩棚に小枝や小石などを利用して簡単な巣を作る。時にはビルの屋上で繁殖する例もある。繁殖期は2月~4月で一夫一妻、産卵数は3~4卵で約1か月で孵化する。
【園内ゾーン】
zone8:肉食動物
マップを見る
【その他】