menu02_動物紹介

【分類】
哺乳綱 食肉目  ネコ科
【生態】
アフリカからアジアにかけて広く分布するヒョウの一亜種で、アムールヒョウはロシア南東部の森林に生息する。単独で生活し、休息や食事などを樹上ですることが多い。主に夜間活動し、シカなどの小型~中型の草食獣や鳥を獲物とする。妊娠期問は100日前後で、1~5頭の子を産む。野生下の生息数は30頭前後と推定されており、絶滅の恐れが非常に高い。
【園内ゾーン】
zone8:肉食動物
マップを見る
【そのほか】