飼育係のasazooブログ! 動物の様子や飼育の話題など安佐動物公園の日々の様子を飼育係がお届けします!

2021/08/2850周年だョ!動物園 byラクダ舎

みなさまこんにちは! フタコブラクダ担当の、ひーです。

 

動物園へ通じる県道は通行できるようになったのですが、新型コロナウイルス

感染拡大に伴う緊急事態宣言により、動物園は臨時休園中です。

 

そんななか...そんななかではあるのですが!

 

197191日に開園した安佐動物公園は、まもなく50周年を迎えます!

めでたい。めでたいです(^v^)

 

50周年にちなんで、ASAZOOボランティアーズのみなさんが花壇を作ってくださいました。

とっても素敵な花壇です^^

 

s-1.jpg

 

動物科学館では、企画展 ~命をつなぐ 未来へつなぐ~ を行っています。

 

s-2.jpg

 

開園しましたら、ぜひともご覧ください!

 

 

さて、ラクダ担当ということで、フタコブラクダについても紹介します♪

 

安佐動物公園のフタコブラクダの歴史は古く、

開園時の1971年から50年に渡り、飼育をしています。

 

現在飼育している、フタコブラクダのフーコは17頭目のラクダです!

 

s-3.jpg

 

いつもちょっと開いている、お口がチャームポイントのキュートなフーコちゃんです。

 

 

こちらの写真は、開園前のラクダの写真です。

 

s-4.jpg

 

時代を感じますね~。

 

『安佐動物公園に(初めて)動物第1陣として来園したのはラクダ!』

と過去の開園記念誌を読んでガイドしていたのですが...^^

 

実は、ラクダより前に来園した動物がいたことが、すづくり第50巻 第2(2021)で紹介されました。

 

 

こちらの写真は、来園したラクダを寝室へ搬入している写真です。

 

s-5.jpg

 

放飼場も木を植えたばかりで、見た目が全然違いますね!

 

ラクダ舎前のプラタナスの木は、とーーーっても大きくなり、

秋に降り注ぐ落ち葉は、毎年担当者を悩ませます・笑

 

s-6.jpg

 

獣舎も築50年を迎えました! 

所々、歴史の重みを感じます。

  

フタコブラクダの50年の飼育を振り返りながら、これからの未来について、考えていきたいと思います。

 

それでは、またぜひラクダのフーコに会いに来てくださいね^^

                          ひー